Menu
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • -
  • -
冬にしかできない栽培方法ですが、キッチンで完結するので誰でもいつでも入りやすいと思います。
根っこが生えさえすれば、下から5cm程度を水に浸けて置くだけなのです。
001_20091211002343.jpg
途中の水遣りを忘れなければ30cmとか、結構伸びるんですよ。
これは、何日経過したんだっけ。
左の2本が1週間前?右の1本は昨日です。

お味噌汁用にちょっとだけ青みが欲しいなって時の吸い口などに使えます。

庭やプランターがあれば、ベランダでもできます。
冬以外の季節は、むしろ土の方がお勧め。水が腐らないから
ただし、雨降り程度の水やりは忘れずに。
忘れても長ねぎなら辛抱強く待ってくれますけど。


手前は大根。
これも吸い口用です。
春になれば白い大根の花が咲きます。

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
応援して下さるといろいろと頑張れます。
ポチっとお願いします。

【余談】
長ねぎの青い部分を関東では捨ててしまう人が多いけど、捨てちゃダメです。
その使い方は、次回にでも。
もう使っちゃった。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。