Menu
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • -
  • -
風の翌日は、山からの落ち葉や枯れ枝が沢山落ちるので、坂の掃除をしにいきます。
母親の手押し車に絡まって危ないのと、荒れ感が増しちゃうから(笑)

坂を挟んで、片側が山、もう片側が畑になってます。
(※坂から畑を見下ろせば果樹泥棒Eサン宅がw)


菊の蕾。
アレ?なんかついてる?
あ!
もう産んだの〜?

坂の入り口だから、人通りも多いのに。
チャレンジャーな蟷螂(カマキリ)。

あw
いつもの産卵エリアの畑が、今年は草刈りされてるから?
ごめんよーw

山栗。
「山栗の方が美味しい」とはいうけれど・、ちっさー

実家の裏の崖にも、自然に生えたこのちびっこ苗が何本か生えてました(笑)
桃栗3年なら、そろそろ生るのかも?むふ

画像の容器は、赤城のアイスのカップ。
小指の先よかちんまいのも(笑)
で、どうやって食べる?

ポッケに入ってたので、K商店で見せたら、気の毒に思われたのか(笑)
「栗ご飯にしてね〜」と甘く煮た栗を頂きました。わ〜い

実は、私は栗ご飯が苦手w(作った事ナシ)
母親は好きらしいので、早速聞いたレシピ通りに作ってみました。
すると、まずまずの好評で、ほ♪
意外にも私も美味しく食べられました。
甘い栗ご飯なら平気だったとは。(驚)
というか、母親以上に食べちったw

母親は、K商店の看板娘(80歳)と昔から張り合いたく排他的な反応を示すので、素性は事前には明かさず。
「K商店から貰った」と最初に言ってしまい「美味しくない」と散々な言われようが何度もあるんだもん。
(素直な感想が欲しいのよー)

でも、二人とも美味しかったから良かった〜。くくく

アレ?虫?
と思ったら零余子(むかご)でしたー(嬉)
坂だけで、大きいのがこんなに。
毎日これくらいずつ採れるって、どんだけ山ん中なのー(笑)

翌朝の。
椿の種も集めちう。
赤い実もまだある。

後ろ側(山の中)には、木通(アケビ)も。
3個?確認できたものの、もう全部開いちゃってたー。残念
(去年もそうw)
茨があるからなー(棘で傷だらけになるw)

山椒。
山の大木かたの零れ種からあちこちに。
隣の庭にもあったっけ(汗)
草取りしてると、ふわんと香ります。

何だっけこれ?
ここのは全部こんなん。
あw
擬宝珠(ギボウシ)か!
葉っぱが虫に〜w

虫といえば、桑の木。
お茶用に〜と残してたけど、気づいたら葉っぱ全滅(→燃やしましたw)
根元も巣?で覆われてたので、アドバイスをされた通り灯油かけて燃やしました。
生えてる木を燃やすのはハラハラしますね(汗)
といいつつ、1回じゃ済まず2回も炎上劇w
(あちこち生えてるのに、毎年ここだけ湧くからー)

落ち葉をざっと掃き、草を抜いたら、おしまい。
正直、花を咲かせる雑草は蜂の為にも抜きたくは無いけれど、訪問者対策で最低限はやらないと。
(勝手に樹木伐採されたりしちゃうからw) l
田舎は、案外、草刈りに厳しいかも。

寒さで急激に彩りだしてきました。


いつもポチありがとうございます。とても励みになってます。
参考になるブログがいっぱい♪

トラコミュ
親の家の片づけ
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。