Menu
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • -
  • -
糠糸撫子(ヌカイトナデシコ)。
(矮性霞草、矮性撫子)
衣類を貰ってくれた親子の庭の。
「この花ちょーだい!」と2株貰うも枯れちゃった。
来年の春、小さな内に又貰う約束したー。

***
さて、本日は、布団をご覧いただきましょうか。

置き場所は、私の寝室に使ってる部屋になります。
いや、布団置き場に私が寝てるんでした。てへ

私のいまの寝具。
敷き>薄くて重い炬燵布団?に昭和のウール100%毛布(敷きっぱw シーツ無し)
掛け>タオルケット、夏掛け(皮破れアリw)
朝晩冷えだしたので、+ふかふか毛布も使い出してます。

平成モノは、最後の毛布だけ かな?
敷きのウール毛布は、50年近い筈。(笑)

西式甲田療法にしては、敷きすぎですねー。
さぼって長寝してると、逆に腰が痛くなりますw
(正しい「少食→短眠」ならもっと薄くてもへっちゃら)

この部屋は、日当たり良好で湿気が無いので、布団保存状態は案外良いんでした。
(一年中、窓がちょこっと開けてあるからか?)
あw 屋根裏にネズ公も生息してましたっけ(笑)

**
では、どぞー。

左に枕が数個と、電気毛布も数枚?(全10枚位?)
右下の黒っぽいのは、座布団が袋で1〜3袋か?


マットレスが立てかけてあって。
(この手前で寝てますw)

除けるとこんな。

隣の部屋の押入2間。

正面からだと

左側の1間、上。
全部が綿(わた)。
(入らなかったのが後方にもあり)

母親は、布団を仕立てられる世代なので、昭和柄の布団の皮?(袋状の布団生地)も何枚もあります。
だけど、もはや、その世代は、細かい手仕事は面倒がるお年頃なのよねー。

何人かに聞いてみるも、
「仕立てた座布団なら貰うが、材料は要らない」
となるんでした。
かといって、差し上げる為にプロに高額の仕立て代払うのも?(相手に依るか?)

にしても、布団も座布団も捨てるほどあるのに、何故にこれだけ綿を大量に買ったのか?
不思議でならない。
(誰かこの謎を解いて欲しいw)


(下だけ、別の物=木の樽とかが入ってます)

右側の1間、上。
座布団が2袋?
右に見える段ボは布団か座布団?

下。


部屋の後方。
綿1個、折り畳みごろ寝クッション?(青いの)、一番下が布団袋2袋。
友禅箱らは、別。

父親寝室。
段ボ(羽毛布団)は、床にもう1箱あり。
買ったはいいが使わなかったぽい。


ほかに、
一式>姉妹帰省時用(母親避難時用)
一式>譲り先決まってて別にしてある。(新品

使用中>
母親が使っているベッドのあたり

全部で、
掛け布団
敷布団
炬燵布団
毛布
タオルケット
電気毛布
枕も?
シーツ(敷布)もか?
カバー類
何枚?何個?あるんでしょう?

例えば、これを電話で見積り依頼するとして、どう説明すればいいのか??

ゴミ搬入するとしたら、軽トラ2回?3回?4回?
これを収納(押入)に収まるまで減らせばいーのか?

それにしても、津波の直後、これを全く活かせなかったのが、とーっても悔やまれます。
(避難所がすぐ側にあっただけに・・)


これら布団の余談。
帰省初期の頃。
邪魔するうるさい母親を無視して、最低限のゴミの捨て作業してた時。
処分した寝具は、少しでした。
カビてぼろぼろの古いウレタンマットレス3枚とカバーがカビた籾殻枕(→畑に使った)だけ。

母親からの「一切合切捨てられてる」と嘘のチクリを真に受けた姉が、
わざわざ電話かけてきて、
「布団捨てたら自分達(姉夫婦)が将来被災した時、寝るのが無くなる!!」
と非難されました。
(ん?将来の被災て?一体何の話?よくわからんぞ?)
※姉は、関西在住。

えーっと・・、
将来的に、何らかの被災の可能性は無いとはいえないが、だとしも2組で足りる計算。
つか、そっちから来れないだろうから、そっちで何とかするのがリアルじゃね?

その後、帰省した姉は、嘘は私じゃなく母親の方がついてたと知りましたとさ。
(物凄く怒って泣いてショック受けて。
流石にあの時だけは、姉に同情したなー。母親はそういう人なんだよw)

なのに、娘らは、この後も延々と嘘で翻弄されてるんでした。
残念ながら私ですら・・・(泣)


現実的に考えるとして。
母親葬式時がMAX必要なのかな。
真冬×人数分残せばいいのか。(→押入へ)
一度整理して、余分なのは処分として纏めねばかー・・



あぁ〜、やりたくない。


手首痛いし腕力無いからマジで重いの持ちたくない。
1Fから2Fに1枚持ってくのだってホント嫌なのに。ううう


いつもポチありがとうございます。とても励みになってます。
参考になるブログがいっぱい♪

トラコミュ
親の家の片づけ
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。