Menu
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • -
  • -
7月下旬の事でした。
夕方、慌てた様子のK商店から電話がかかってきました。

「おかーさんが倒れた!!
意識はあるけど救急車は呼ぶなって言うの。
とにかくすぐ来て!」

げげげ!

急いで着替え保険証とお薬手帳、お金を持って走りました。

お店に到着すると、母親は、コンクリの床に転がってました。
辛うじて会話はできてます。ほ
K商店の方々に助けて頂きながら、水や梅干し(頂戴して)であーだこーだしてる内に徐々に回復していきました。

ああ、良かった。
(この時間に病院行ったら帰りは高額タクシーになるとこだったーw)

「じゃあ一旦椅子に座ろうか」

その場の皆が安心して逆に会話が弾んだりして。


あれ?

反応が鈍い気がしてよく見てみると、顔から汗が・・!

ぎゃっ冷や汗!!
(寒がりなので汗は滅多にかきません)

これ、ショック状態!?

やっぱり救急車を呼んでもらい、再びコンクリに寝かすと
うううと戻してしまいました。
(内容物はお昼の食事。まだ胃に残ってたんだ?弱ってる・・)

これはヤバイです。
(ヘタすると死ぬかも。
田舎なので救急車呼ぶと色々と面倒なんですが、四の五の言ってられん)

震災被災地の事情で、救急車到着まで30分、途中で2〜3回嘔吐し(こっちは救急車酔いw)、遠くの病院に着いたのは倒れてから2h後の19:30でした。
遅っw

更にそこから2h30m。
その間、姉妹にメール報告&今後の事を考えつつ待ってました。
(公共交通機関は終わり、お腹もぐーぐーw)

「検査終わりました!」
(え!?だったら腹ごしらえできたのにw)

呼ばれて入った処置室で、母親は一転して超ご機嫌でした。

・・・まあ、一安心みたいねw

それに反して若い当直医の不機嫌さったらありません。

あちゃーw

「脳、内臓、血液全部くまなく検査をしましたがどこも異常はありません!!(怒)
強いていえば自律神経が乱れたのかも知れませんね!!
次、同じ症状でもココには来ないでください!」

ぎゃーん・・・

でもまあどこも悪くなかったと解ったからいっか。
(そう思い込もうw)

できれば泊まらせて頂きたく。
ダメ元で母親に尋ねてみました。
「タクシーで1時間乗っても平気そう?」
当然、当直医が聞いてる前提です。
(遠いよ。車酔いするじゃんw)

「帰りたい。お腹空いたし(ニッコリ)」

若い当直医は、一度振り上げた拳の降ろし方はご存知無い様でした。

「酔い止め出しますから!!2回分」

「はーい。(諦)
じゃ、帰路の1回分でイイデースw)

おとなしくハイヤー呼びましたよ。(来るまで30分)

母親は、ハイ状態で1hずーっと喋ってました。
運転手さんも吹き出すほどのワンマンショー。わははは、はぁ・・

帰宅は2300
食事をすると言うので、支度して提供。(泣)
母親「おねーちゃんに電話しなくちゃ」
私「食べてから!(はよくえw)」
(既に車内でメール報告済みも)ご機嫌でウキウキと報告をしてましったっけ。

私は疲れて眠く、食事もせずに朝まで台所床で寝てましたw


翌朝早々にK商店までお礼&報告へ。
(変な噂が流れない為でもあります。
救急車情報を聞きに普段来ない客も来たりしてたのでw)

この日、主役は昼になっても起きてきませんでした。

そうなんですよねー。
ハイの翌日はローに決まってます。
一日中、不機嫌で反抗的だったんでした。

そこで私もスルーすれば良かったんですが、
「勝手に救急車呼んだ」とか「死ねばいいと思ったんだろー」とかねw
そんな事ばっか言われるとイラっとしちゃう。


デイでハイ&(翌日)ロー、
同じ週に救急搬送でハイ&(翌日)ロー。

こんな極端な気分の上下が、認知症に良い筈ない。

はー・・・


8月上旬には、姉と3人旅行の予定が、(救急搬送の一件で)急遽妹も参戦することになりました。

それを希望に機嫌良く生きてくれないかしら?

マトモに相手してると消耗&腹立つばっかなので、暫く外作業に専念してました。
(もう旅行なんて行きたくないなーw)

秋の麒麟草。
去年か一昨年に、庭で1株だけ見つけて増やしました。
山野草、もっと増やしたいなあ。

***
追記9/9(備忘録)
病院から実家までのタクシー代1万4千円弱。(笑w)

救急搬送の治療費等。
受付時に前金千円支払い、後日精算。(公立病院デス)
診察&検査&薬(酔い止め)代の差額分は、翌日電話連絡があり、振込が選択可能でした。ほ
(交通費&時間かけてわざわざ行ってられないw)

振込用紙が後日郵送され、姉の帰省時にコンビニで支払い完了しています。
(最寄コンビニ>車10分超w)


今秋、近い場所に入院設備アリの病院がやっとこさ再建されます。
(母親の介護認定病院)

がしかし、医師不足ゆえ救急搬送も確実では無いんだそう。
打診してNGであれば、今回の病院になってしまうらしく、キビシー状況ですねー

そんな心配などせず、救急搬送されない生活を送るのが理想なのですがー。

いつもポチありがとうございます。とても励みになってます。
参考になるブログがいっぱい♪

トラコミュ
親の家の片づけ
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。