Menu
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • -
  • -
梅酒仕込み♪
母親が大大大好きな梅酒の梅デス。笑
収穫した翌日、気合入れて仕込んでましたよ。よしよしw

私「Eサンに盗まれる前に毎年採ってあげるから、ちゃんと自分で漬けるんだよ〜」
母親「あははは!だねえ(笑)」

***
実家の上の畑に家が建ちます。
(震災後の建設ラッシュ。やっとあちこち建ってきてます)
基礎工事前?のネットが張られていたので、パイプと網の仕掛け&作りを偵察してきました。

ほう

専用の道具は、流石に頑丈で侵入できない作りなんですねー。

でも、私が杭を打ちたい場所は、土じゃなく、ごろごろ石なんだよなあ・・
素人、というか私が杭打つのキビシーw

なるべく家にある資材で、業者に頼まずやりたいし。
(別被害で既に数万かけさせられてるからwこれ以上お金かけたくない)

家にあるもので思いつくのは、以下のモノ。
・長くて頑丈なロープ
・網(漁網、家庭菜園用)
・金属網(1.5×1.5m)
・金属の棒&パイプ
・潰れたビニールハウス(金属)
・木の杭、板
・竹(径2〜3cm×2m?)
・ブロック、ごろごろ石、土嚢
こんなんかー?
納屋や倉庫を探索すれば、もっとあるかも?

現在の畑からの景観。
丸見えw

今日も、庭から畑を見下ろして、どうすんべーかと思案してたら、窓がガラリと開いて(私はしゃがんでブロックの穴からじーw)、Eサンは、畑をしばしガン見してました。(呆)

はあああ


果樹泥棒の目の前に、果物が生っているから欲しい欲望を抑えられなくなる、
そうなんじゃないだろか?

頭では、止めたくとも、ブツを見ちゃうと盗る手を制御できなくなる?
(解らんけどw)

私は、都市部の自宅でなら即ケーサツに突き出してガッツリ懲らしめたい性質だけど、ココは実家
縦横の繋がりが濃すぎる超田舎なので、対応は、変わってしまいます。うw

今後、盗らなきゃそれでスルーしたい。(万事丸く治まる)
となると、簡単にEサン宅から見えなくするしかないと思うのよねー。
要は、見せない仕立てにしたい。

「草がー、草がー」の畑に出入りする口実も無くなるし、+潔癖性のEサン妻にも、で一挙両得だもんね。

視界というか景色が塞がれるから別の不満が溜まりそうではあるけど、そこは犯人家族として、許容してもらいたい。
(別の因縁着けられません様にw)


泥棒被害者の中には、トラブルや面倒を嫌って、樹を切ってしまう人だっている。
お巡りさんは驚いていたけれど。

この私だって、少しそんな弱気になったりするもん。
(多分、イロイロ濃い〜田舎だから)

クレイジーな犯罪者と相対するは、それ位エネルギーが要るのだー。(泣)


それと、
昨日、母親から聞いた昔話を書いときます。

私が子供の頃、ウチ(実家)の畑の下に一人暮らしの老婆Tさんがいました。

栗をEサンに盗られない様(もうデフォルトw)、日の出を待ってて、ふと外を見てみたら、まだ薄暗い中で一生懸命に栗を揺すって落とすEサンがいたそうです。
Tさんは、恐くて見なかった事にしたそうです。

その何年か後。
まだ家と家との距離が離れて、空き地も多く、実家の横も裏もぐるっと山で(実家は今でもほぼそのままですがw)
ある時、
「Tサン宅の栗やツツジ?の落ち葉が飛んできて迷惑!切るから」
Eサンが怒ってTさん本家に怒鳴りこんだそうです。
(えーっと。山ん中に住んでて何言っちゃってんの?)
※Eサン宅右側半分(下)は、津波後に家が建つまで何十年も草っ原でした。

Eサンを動かしたのは、潔癖性のEサン妻。(Eサンは、妻に頭が上がらない?)

Tサンは既に亡く、有無を言わさず例の毎年盗んでる栗の樹を自ら伐採したんだそうです。
自分で切るなんて・・
(切り株が、まだ残ってましたw)

この話、どう理解すれば良いんだろう?

難解だわー。
Eサンは、果樹の中でも栗大好きじゃん!!


もう1つ。
実は、ずーっと引っかかってる事があります。

草刈りされた翌朝、更に草刈り&梅盗難されて畑にいた私に、ご機嫌で鼻歌のEサン妻。

あれ、何だったんだろう?

その時は、会話がしたいのかと思っていたけれど・・。
(↑の話を聞く前からずーっと引っかかってます)

私は、こういう勘が働く性質。
なんだか、もやーん・・

もう、誰かの不正とか悪意とか、ネガティブな感情は、見たくないんだよーw 辛

いつもポチありがとうございます。とても励みになってます。
参考になるブログがいっぱい♪

トラコミュ
親の家の片づけ
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。