Menu
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • -
  • -
タラの芽がそろそろ終盤で、天麩羅鍋も片したく、今季2度目の天麩羅にしました。
まず、見栄えがするのを揚げて、母親に提供し、私は後でゆっくり揚げながら食べようと思ってました。

すると、母親が、外出先での出来事を話し始め、つい聞き入ってしまいます。
ほどなく、パラパラと雨が落ちる音がする。
(天気予報は暫く晴れだった様な?)

「え、雨?!」

居間から出てみたら、台所が明るく燃えてたんでした。

げ!!!!

天麩羅火災・・!!

ぬ、濡れタオルだよな。
(消し方は知ってました)

母親にはショックが大きいから、バレちゃんいかん。
と思う間も無く、背後でガン見してる母嫌がいた。
(普段立って歩きたがらないくせにこんな時だけw ち)

「すぐ消すから部屋に戻ってて。見ない方がいいよ」

そう言ったものの、炎は換気扇に吸い込まれそうになってるし、プラ製だしヤバイ!
隣のヤカン(熱々w)を片してから、まず換気扇を止めた。

すると今度は、2Fの火災報知器が
「火事です。火事です。」と喧しく騒いでる。

くっそーw

ご近所が寄ってくるとマズイ。

真っ暗の2Fに上がり、闇雲にボタンを押したら静かになった。ほ

あ。火を消さなくちゃだよ!

布巾を濡らして、絞る事3回。
ぼたぼただと水が落ちたら危険だし、水分が足りないと密閉されないし。
(慌ててドキドキしてるから、も〜w)

あ。母親が外に行って見てる!!
部屋にいろっていったのにw ぐうう

天麩羅鍋の隣に油入の瓶があり、破裂したら、半袖の私に刺さるかも?とかビビりつつ、濡れ布巾を何とか被せた。

しゅーしゅー・・

あっさりと火は消えました。

はーーーーーー

換気扇止めてるので、部屋中煤だらけです。
そして、煙い。泣

母親は、悪夢に魘されるんじゃないだろか・・
(この日の朝、死んだ夢見たとか言ってたし)
あ〜失敗した。
(換気扇止める前に濡れ布巾だったなー)

とりあえず、見える場所の煤を払ったり拭いたりして、その晩は終わりました。
セスキ湯と石鹸で、天麩羅鍋はピカピカになりましたが、手も爪も黒くなってしまったわー。

換気扇は、故障なのか停止できなくなってたけど、このまま付けっぱで終わります。
庭のサクラソウ(の一種)かわええ
(現実逃避w)
※花の名前が間違えていたので、訂正しました。5/26記


いつもポチありがとうございます。とても励みになってます。
参考になるブログがいっぱい♪

トラコミュ
親の家の片づけ
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。