Menu
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • -
  • -
こんばんは。
週末、お隣さん(30代位のご夫婦)が引越して行かれました。
4トントラックの積み込み作業が見えたのですが、7割程度の少なさで、引越し慣れしてるご様子。
ウチも徐々に減らしてはいますが、まだまだ多いですねー。
もう少し減らして、いつでも引っ越せる荷物にしなくては。もっかいあるかなー?

では、食への興味が減りました。⑤復活\(^0^*)/の続きを。

食材の現実を知ると。
アトピーや他の病気から、食事療法を続けています。
食材を選んでいて解るのが、食品の安全性は、どんどん厳しくなっている、ということ。

どんなに厳選したとしても、今の地球上で暮らす以上、何かしらの毒成分が含まれてしまい、完全に安全な食品など存在しない、それが現実なのだと思います。あ~
調べれば調べるほどに、添加物、有機野菜、放射能、pm2.5、遺伝子組換、F1種、養殖魚、TPPなど、残念な事実ばかり見つかってしまいます。
勿論、努力されてる生産者さんもいるとは思うので、ソコを批難するつもりも無く。実際に、有難く頂いていますから。

昔とは、似て非なる農産物たち。
古くから伝わる食事療法や健康法があります。
昔から良いとされ、これを食べれば良いとされた食材も、昔の物と同じではなかったりして。(変わらない物もありますが)
栽培や畜産といった、人の手が加わっている農産物は、食品成分表の改訂にもある通り、格段に栄養素は下がり続け、種の遺伝子組換や飼料の変化で変質していってるんですよね。
例えば、世界中で流通する殆どの小麦が遺伝子組換種になったみたいに、食品成分表では変わらなくとも、もっと根本的な何かが変わってしまってる。
品種が同じでも、効果も怪しく、寧ろ毒性分が強くて食べない方がマシな場合もある。
個人的にはそう感じる食材もあるんでした。

その食品や環境の変化に対応せずに、過去の事実だけ元に、○○が効いて治った、とか、××を食べれば治る、みたいな言い方をするには、もはや無理がある時代なのかも。
昔はともかく、今のでも効くのか?を知りたいのですよ、病人としては。

パンを焼くのを止めました。
昔、自家製パンブームが私にもあったんです。(笑)
ホームベーカリーと何種類かの小麦粉を揃えたりしてたなー。

焼かなくなったのは、「食べ出すと止まらなくなる」そんなダイエット的理由からでした。
焼くと、1斤でも1.5斤でも、無くなるまで食べ尽くしてしまうんです。
最初は、私が意思薄弱だからかと、何度かトライもしたんですが、自分で焼いたパンだけは無理でした。
原因は、小麦粉なのか、イーストなのか、或いはどちらもか。いまだに判りません。

遺伝子組換小麦は、「食欲を2割増しにする作用」(沢山食べさせる、買わせる目的)があると、エリカ・アンギャルさんがコメントしていたので、調べて見たのがこちらの本→「小麦は食べるな!」の方が詳しいです。
その後、セリアック病や、グルテン不耐性(「ジョコビッチの生まれ変わる食事」で有名に)の腸の病気が判り、胃腸を大事にしなくちゃな私は卒業を決心をしたのでした。

市販のパン、他の小麦モノ(パスタ、うどん、ケーキ、クッキー)は、途中で止められるので、他の要素が加わっているのかもしれません。
まあ、もう食べないので別にいいんです。惣菜パンやパスタが残念だけどw

余談。
手軽にカレーができるカレールーがありますが、「小麦が入っているので食べるな」とあります。
実は、私のアトピーにもNGで、超悪化します。
これは油が原因と思っていましたが、+遺伝子組換小麦のダブルパンチだったのかも。
なので、好きだけど食べないんでした。それから私はグリーンカレー派になってます。

一番安心できるのは、自分で作ること。
実家の畑が放置されていたので、自然農で野菜を栽培する事にしました。
まだ、始めたばかりのひよっこです。でも、楽しいんですねー。田舎暮らしが好きなんで(笑)
市販のF1種からですが、畑の土地に合った人参と大根の種も山盛り採れました。F1種ざまみろです。うしし
いつか、私一人が食べるくらいの量が採れれば~なんて思ったりしています。

現在の食生活。
体の回復や、支度の二度手間から、ローフードのみは、一時休養中です。
ロー率は高めながら、自家製味噌を使った味噌汁も含めて、加熱食もほどほどに食べています。
たまにジャンクや加工食品も、食べるタイミングや量を工夫すれば食べられるので、ちょいちょい摘んだり。(笑)
工夫してまで食べてしまうのが、私の甘さなんですが(汗)、同じ状況の方のヒントにはなるかと思って書いて見ました。
集中して治す時には、もちろん小細工などせずに、断固食べない方が早く治ります。

半日断食少食で胃腸を健康にする。
食材と並んでもうひとつ大事なのが健康な胃腸だと思います。
これは、あんまり食べなきゃいいだけなので、野菜栽培ほどは難しく無いでしょう。まあ楽観的♪
食べ過ぎで病気になったみたいなものなので、健康で暮らすためには、必須条件でしょう。

現在は、1日1~1.5食程度。水分は多く摂ります。トイレにも良く行きますw
いずれ、1日1食にしていきたい。
「お腹が空いた~と思ってから食べる」生活が現在のデフォルト。
お腹が空かなければ、無理して食べない方が楽ちん。

半日断食少食の効果は、病気が改善される以外にもありまして、
消化に時間がかからないので、胃腸が休まり、睡眠時間が短くて済みます。消化には、思った以上に体力が要るんですねー。
朝ぱっちりスッキリと目が覚めます。疲れが残らない。
食べ過ぎた翌朝にありがちな、なんか疲れた~、体が重い~と言ったイヤな感じが無くなります。

いつもポチありがとうございます。とても励みになってます。
参考になるブログがいっぱい♪
にほんブログ村 その他生活ブログ 汚部屋・汚部屋脱出へ





(つづきます)
トラコミュ
親の家の片づけ
トラコミュ
おうちを片づけたい
トラコミュ
掃除・掃除・掃除ー♪
トラコミュ
捨てても、大丈夫だったもの。
トラコミュ
捨てる。

トラコミュ
断捨離でゆとり生活
トラコミュ
断捨離シンプル&ミニマムな暮らし
トラコミュ
片付けて プチストレスをなくしていく
トラコミュ
持っていなくても困らないもの
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。