Menu
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • -
  • -
食事の糖質を減らしていく。
年齢的な身体の変化に伴い、誰もが食事や生活に気をつけ始めます。
私達夫婦も、そんなお年頃。
特に私は、病気があったので、気にしています。

元来、糖質大好きだし、大飯喰らいで、太りやすいし。(笑)

健診の数値上こそ、二人ともオールAの健康体にはなりましたが、
私に関して言えば、真の健康体ではありません。
一般健診では、アトピーやリウマチなど、全部の病気は検出されませんから。油断は禁物

ジョコビッチ本で、意識した食生活は、生活や仕事の質を上げる(下げない)と学びました。
食べるのが何より大好きな母親(当然の肥満体デス)は、70歳過ぎてから大人喘息になってます。
(本人と私以外の姉妹の希望によりステロイド絶賛摂取中w)
そんな母親の色んな遺伝子を引き継いでしまった私は、その二の舞を踏まない為にも、
遺伝子組換品種の小麦や米やじゃが芋は、積極的に食べたくない。
そう思う様になりました。

でも本当は、糖質がすごく好き。(困)

好きな物は過食につながり、同じ食品の過食は、いずれその人に反旗を翻して攻撃しだします。
ジョコビッチや私みたいに。

お米も輸入されています。
お米もアメリカ産コシヒカリが、既に日本でも販売されていますね。
特売の山積みで、何年か前から見かける様になりました。
そのお米には、「遺伝子組換でない」表示はありませんでした。

これ、どっちなんでしょうね?

ポテチも、原材料に「遺伝子組換でない」表記がされるようになってきてます。
この表記がされていないポテチはどうなんでしょう。まだ移行期なのでしょうか?
メーカーに依るのか、良く判りません。(※現在、ポテチは自粛中)

いま食べている主食は、これです。
「黒豆入り胚芽押し麦ご飯」

簡単なので書きますね。
材料※一升炊炊飯器なので多め
・胚芽押し麦:4合
・白米:3合
・黒大豆:70g(米&麦合わせて1合につき黒豆10gが目安)
・水:8合分
炊飯器炊き方のコツ>
・黒大豆を保温ポットに入れ、熱湯をフルに注ぎ、数時間放置(柔らかくなります)
・胚芽押し麦を炊飯器に入れ、少し多めの水に浸水させる(時間短縮で黒豆と同時に支度。最低30分以上)
※ここまでを朝か昼に支度しておくと楽ちん。夕方になったら、
・洗米した白米と、保温ポットの黒大豆&浸水湯を炊飯器に全部投入。8合目盛まで水を足し浸水30分~(押し麦との時間差あり)
・色が偏らない様によく混ぜて炊飯スイッチオン
炊き立ては、まだ色が薄い
・炊けたら1日何度か撹拌して、3日間は、酸素を含ませ続ける。(保温のまま)
・3日後に完成(ですが、ウチは炊きあがり初日から食べてます。色は徐々に濃くなっていきます)
ポイント5点>
①米や麦(澱粉)
②大豆や小豆の蛋白質(アミノ酸)と③抗酸化物質(ポリフェノール)
④65℃以上を3日~
⑤撹拌して空気を含ませる

これは、ちょっと前に一部で流行していた寝かせ玄米(発酵玄米)のアレンジ版を教えて貰った物です。
通常の小豆レシピを、よりポリフェノールが多い黒大豆で、小粒の黒千石なのでよりポリフェノールが多くなってます。
最初は、玄米を圧力鍋で炊いてましたが、切れたので一旦終了して、在庫が豊富にあった、胚芽押し麦を使っています。
3日経つと、ポリフェノールの作用で、中性~アルカリ性に傾くので抗菌作用があり、保温を切っても腐らなくなるそうです。
(殺菌作用は無いので、菌を増やさないけど、殺さないレベル)
私は、面倒くさがりでもあるので、3日目以降は保温を切ったまま炊飯器に入れっぱなしです。
ラップで小分けするのがね~(笑)
蒸気が溜まるので、たまに保温スイッチを入れて飛ばしますが、ウチは10日程で食べきっています。

白米は、精白されてしまってる。
玄米の折角の栄養が消えてしまうので、精米するのは勿体無いうえに、吸収率があがり糖尿病や生活習慣病に寧ろ害があると言われています。
砂糖も塩も精製して純度を上げるのは、いけないと言われてますね。
(余談ですが、小麦だけは、精製しない全粒粉であっても、遺伝子組換種自体がイケナイのだそうです。
私が自家製パン作りを止めた理由は、ここにあります。)

白米はアトピーにも悪い。玄米も?
白米は、食べ易く甘みがあり美味しいですが、美味しいからこそ、如何せん食べ過ぎとなりがちです。
私は、米アレルギーは今の所ありませんが、
「目の周りに赤く出たり、頭皮に白くて細かいフケが出て、非常に痒い」のだそうです。
たまに街で見かける若い人に多い様な?
アトピーは、どこに出ても辛いですが、顔は外に出ている分、特に辛いでしょう。お察しします。

そして、残念ながら、玄米も糠の油(オメガ6=リノール酸)が特にアトピーに悪いのだそうです。あ~
食べない方が治りますが、工夫すれば食べられます。
油は全てが悪いのではなくバランスが大事。細胞膜などには必要な成分ですから。

・酸化しない為、自宅の精米機で七分搗きや五分搗きにして、表面の酸化した糠を落とす
・圧力鍋などでしっかり炊く(消化が悪いと蛋白質が荒れた腸から吸収されてしまうため)
・よく噛む(唾液も出るので消化を助けます)
・粉状にする>炊いて「玄米クリーム」にする、玄米粉のまま食べる(消化吸収の良い治療食です。少量でも満足します。個人的にはこれがお勧め)。

※とにもかくにもまずは胃腸を休めて元の健康な状態に戻すのが先決です。腸壁が丈夫ならアレルゲンは入りません。

大人気のコシヒカリ系。
現代日本では、もっちりねばねばコシヒカリ系が大人気ですね。
このもっちりねばねば成分(アミロペクチン)がアトピーを悪化させるようです。
これは、ササニシキ種の普通のお米(うるち米)に、もちもち成分(餅米種)を交配させて作られた品種です。
美味しいけれど、主食として毎日食べるには身体が追いついてきていません。

日本人は、お餅を日常的に沢山食べてはきていませんでした。
お餅は御馳走なので、特別なハレの日に食べる物。
たまになら食べ過ぎても身体は堪えてくれてます。
日本人の身体は、たまに食べるお餅(もち米)には適応していても、毎日山盛り食べるまでには、適応していないのです。
アレルギーや生活習慣病になってしまった人は、その典型なのでしょうね。
同じ理由でお餅も(おかきも)アトピーには危険デス。食べるならば、野菜の後で少量を。

そう言えば、去年のお正月は、お餅1個でした。
今年は、ゼロ。お正月らしくありませんよねー。季節感が~
来年は、お雑煮の1個分だけ何とかしたいと思っています。バラで売ってないかしら?

食べるならササニシキ系を。
アトピーで、お米を食べたいのなら、あっさりとした口当たりのササニシキ系をお勧めします。
品種では、ササニシキ、ユキヒカリなど。(アレルギー専用米も各種あるみたいです。値段はお高め)

ただ、あっさりさっぱりしてるので、現代人には「美味しくな~い」とか言われそうですね。(笑)
もし無理そうなら、1/4などコシヒカリ系を少し足せば、もっちり成分があっさり米を繋いでくれますよ。

あるいは、黒豆と一緒に炊いてみては如何でしょうか?
水溶性食物繊維たっぷりの押し麦も入れれば腸内細菌は大喜びしますから♪
ウチの黒豆入り胚芽押し麦ご飯は、押し麦だけではポロポロ食べにくいので、押し麦同士をくっつかせる繋ぎとして、白米をいれてます。(+白米の消費もしたいので)

今では、コシヒカリ系が圧倒的な人気となり、ササニシキを店頭では殆ど見かけなくなりました。
(ネット通販なら入手できます)
私の子供の頃には、ササニシキ、コシヒカリは、お米の二大巨頭でしたけどね。
でも、遺伝子組換の小麦粉製品(パスタ、ラーメン)や、油、砂糖も入ったパン、ピザを食べるよりか全然マシでは無いかと思っています。

白いご飯を食べたがる。
世の男性陣同様に、オットも白飯を食べたがりますねー。
因みに、今使ってる白米は、オット母より「息子に!」と届いた魚沼産で尚且つ、最も水の良い地域のお米だったりします。キャー
白米で食べたら、さぞ美味しいお米でしょう。ええ

オットには一度だけ白米で出しました。
でも、残念ながら、白米はその日一日限り。(笑)

ウチには大量に胚芽押し麦があるので、とりあえず消費するまで、コノ黒豆胚芽押し麦ご飯で~とお願いしました。
冷暗所であっても、長期になれば酸化してしまいますから。
余談ですが、なぜ大量の在庫を抱えているかと言えば、私の発注ミスで。あはは
ごめんオット(汗)
当面は、白いご飯は、社員食堂に丸投げしますw

どれ位食べているか。
こんなに書いておいて何ですが、あんまり食べてませーん。少食志向ですから。
最近の私は、食べても一日一食100gとか。
こちらの自宅では、殆ど動かない生活なので、最近は食べない日が多いかな。
食べる日は、焼き海苔半分にご飯を乗っけて赤紫蘇で炒った若芽を散らして、おむすびにして食べてます。
今、一番のヒットです。ああやっぱり旨し♡

オットは、春の健診で3kg増を気にして、夜遅く帰宅した晩は、ご飯自体を自粛しているみたいです。(笑)
翌朝も早いと、夕飯を食べない日もあります。(その方が、明らかに寝覚めが良いと判っているので)
因みに、私の健康話はマニアック過ぎるため、あんまり聞いてはくれません。(笑)
どうやら、会社の同僚などからの健康情報を色々試している様です。
まあ、自分の健康は自分で守るのが基本だから、それでいいと思ってます。
何より、オットは物凄く頑丈な人だから。あははは

最後に。
アトピーに悪い、糖尿病に悪いと散々書いてますが、
お米は、一日本人として、守っていきたい大切な食文化なのは間違いありません。

ただ、新たな品種のお米に、身体が適応できずに悲鳴をあげている人は、少しの工夫で、その文化を守っていけるのではないか?そうも思います。
全部止めるもよし。無農薬の玄米を自宅で分搗きで食べるのもよし、デス。

今ある胚芽押し麦と白米の在庫が無くなったら、その時に何を食べるか考えようと思います。半年後かな?
ジョコビッチが食べてるオートミール(栄養価が高い♪)にも興味があるし、ササニシキ系の玄米なんかも。
あ!オット母から又・・・w

いつもポチありがとうございます。とても励みになってます。
参考になるブログがいっぱい♪

トラコミュ
親の家の片づけ
おうちを片づけたい
掃除・掃除・掃除ー♪
捨てても、大丈夫だったもの。
捨てる。
断捨離でゆとり生活
断捨離シンプル&ミニマムな暮らし
片付けて プチストレスをなくしていく
持っていなくても困らないもの
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。